歌声喫茶で歌う曲って?

■歌声喫茶館
◆歌声喫茶で歌う曲って?
◆本・CDのなどの紹介


■歌声喫茶館にようこそ! ◆歌声喫茶で歌う曲って?のページです。
◇更新情報:
8/21 「百姓娘」
8/4「エーデル・ワイス」 8/2 「ロマンス」 7/30 「黒い瞳の」
7/25「すずらん」 7/23「海」 7/20「山小舎の灯」
7/16「朝露」 7/15「この木なんの木」 7/14「少年時代」 
7/13「灯」 7/11「箱根八里」 6/29:「小さな日記」
6/28:「街角歌声喫茶:カコム」 「コーヒールンバ」
6/20:「リムジンガン」 6/18:「友よ(岩谷)」 6/14:「月の沙漠」
■歌専科:名曲選

エッセ 




大阪歌声喫茶物語
名曲発掘の旅
現在稼働中の大阪の歌声喫茶
■大阪百景:ビデオ映像
大阪駅再開発工事
再都市化・天王寺
■各地の歌声喫茶

リンク集

堂島モール



歌声喫茶で歌う曲って?
人によって好みも違うので、個人差はあるのですが、歌声喫茶で歌われる曲にはおのずと傾 向が見られます。美しい曲や詩によって、感動を求める強い指向性があるようにみえます。
これは流行とは無縁の世界であり、古今東西の名曲を発掘する旅が歌声喫茶という言い方も できます。
曲をカテゴリー・ジャンルで分類するのも、たとえば「アニーローリー」はスコットランド民謡とい う場合が多いので、「故郷を離るる歌」はドイツ民謡、「峠のわが家」はアメリカ民謡といった具 合になります。昭和30年代の歌声喫茶ではロシア民謡が主流になっていました。「カチューシ ャ」「ステンカラージン」「囚人の歌」「泉のほとり」などが代表的です。ほかにシャンソン、カン ツォーネといったものもあります。

最近日本で作られた曲はどうなの?ってなると、ぜんぜんOKなのですが、残念ながらあまり ありません。一般的には唱歌に分類される曲のほとんどが、ヨーロッパ民謡なのもあります が、歌声喫茶の世界においては、流行歌はあまり評価されていないことになります。
でも「千の風になって」は今でも歌い継がれていますし、この曲はメディアにのって有名になる 以前から歌われていました。原曲が外国、日本にかかわらず、歌声喫茶に近い曲のくくりは、 叙情歌あるいは抒情歌といわれることが多く、女性好みの曲風が好まれるようです。

いずれにしても、日本の曲はぜんぜんダメなのかといえば、そうでもないのが、フォークになる でしょうか。日本の曲のかなりの勢力を占めています。というよりも、演歌以外の曲は厳密な 分類別けは不能なので、日本で作られた曲のほとんどがフォークや抒情歌になるかもしれま せん。「知床旅情」も「青葉城恋歌」もフォークってことですね。
あとは、フォークの流れのなかで反戦歌もひとつのジャンルになっています。
森山良子が歌った「さとうきび畑」などは有名です。「折り鶴」なども一般的にはまったく知られ ない曲ですが、合唱団や歌声喫茶ではよく歌われています。反戦歌は美空ひばりさんも歌っ てたりします。「一本の鉛筆」という曲ですが、これもほとんど知られざる曲ですね。
歌声で人気のある曲は、マスメディアの露出と逆になる傾向が強く出ています。
(平成21年11月11日作成)



■管理人のHP
都市の景観と躍動
大阪情報サロン










戻る
戻る